Todoistで見積時間から完了予定時刻を計算するChrome拡張機能

AWSほぼ触ったことない駆け出しエンジニアがAWS認定資格アソシエイトコンプリートまでにやったこと!

2019年12月にデベロッパーアソシエイト、2020年1月にSysOpsアドミニストレーターアソシエイトを無事取得することが出来ました!

これですでに取得して記事に書いていたソリューションアーキテクトとクラウドプラクティショナーと合わせてアソシエイトまでの全てのAWS認定に合格する事が出来たので、勉強時間や勉強内容などを共有したいと思います。

運良く合格出来た感が拭えないのもあるんですが、一応全て一発で合格出来たので、取得を考えている方は参考にしていただければ嬉しいです。

取得したAWS認定

AWS認定

赤枠で囲った部分が今回取得した4つの認定資格になります。

クラウドプラクティショナーについては6ヶ月、アソシエイト資格については1年間の経験を目安としているような事が書いてありますが、AWSを全く触った事がない状態からでも十分に合格は可能と思います。

実際に僕自身もLambdaだけちょっと触ったことがある状態から勉強を始めて、エンジニアを経験した今でも実務ではAWSをほとんど触ったことが無い状態です。

クラウドプラクティショナー

勉強時間とかスコアとか

  • 勉強時間:約10時間
  • 勉強内容:参考書
  • 公式模試:92%(試験前日)
  • スコア :741(700以上で合格)

勉強内容の詳細

勉強は参考書のみでこちらを使いました。

一回通して勉強したあとは、章末の練習問題を繰り返し解いて、理解が足りていない部分を復習しました。

実際にAWSのサービスを触らずに本だけの勉強になってしまったのが反省点。

ソリューションアーキテクト – アソシエイト

勉強時間とかスコアとか

  • 勉強時間:約30時間
  • 勉強内容:Udemy、参考書
  • 公式模試:80%(試験当日)
  • スコア :804(720以上で合格)

勉強内容の詳細

Udemyについてはこちらの講座で、クラウドプラクティショナーの時の反省点から、実際にAWSを触りながら勉強していきました。

参考 これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(初心者向け21時間完全コース)Udemy

あと上の講座と同じ作者の模擬試験セットも購入し勉強しました。

講座の方に付属している模擬試験以外のパターンの問題も見ておきたいと思って購入しましたが、やっておいて正解だったかなと思います。

参考 AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集(5回分325問)Udemy

参考書はこちらを使いましたが、Udemyの講座メインで勉強していたので通読はせずに復習や補完に使いました。

最後の方、時間的に厳しくなってきてハンズオン飛ばしたりしたので、勉強時間は40時間くらい確保したかったなぁと思います。

デベロッパー – アソシエイト

勉強時間とかスコアとか

  • 勉強時間:約10時間
  • 勉強内容:Udemy、Black Belt
  • 公式模試:70%(試験当日)
  • スコア :805(720以上で合格)

勉強内容の詳細

Udemyは日本語の講座が無かったのでこちらの英語の講座を使いました。

参考 Ultimate AWS Certified Developer Associate 2020 - NEW!Udemy

ソリューションアーキテクトと重複する部分も多いので、セクションの末にある小テストをまず解いていき、間違えた問題に関係するサービスを講座とBlack Beltで勉強しました。

サービス別資料 | AWS クラウドサービス活用資料集

仕事が立て込んでいて想定より勉強時間を確保出来ず、手応え的にも不合格を確信して試験終了ボタンを押したんですが、合格していてビックリしました。

20時間くらい勉強出来ていればもっと余裕を持って合格出来たかなぁと思います。

SysOpsアドミニストレーター – アソシエイト

勉強時間とかスコアとか

  • 勉強時間:約7時間
  • 勉強内容:Udemy、Black Belt
  • 公式模試:80%(試験当日)
  • スコア :746(720以上で合格)

勉強内容の詳細

Udemyのこちらの英語の講座を使って勉強しました。

参考 Ultimate AWS Certified SysOps Administrator Associate 2020Udemy

デベロッパーの時と同じように、セクションの末にある小テストをまず解いていき、間違えた問題に関係するサービスを講座とBlack Beltで勉強しました。

サービス別資料 | AWS クラウドサービス活用資料集

正月ダラダラし過ぎてデベロッパーの時より勉強時間を確保出来ず、こちらも不合格は覚悟しましたがなんとかギリギリ合格していました。

スコアギリギリだったので、こちらも20時間くらい勉強時間を確保したかったですね。

最後に

Udemyお勧め

無料で公開されている公式資料のBlack Beltを覚えるだけでも合格は可能らしいのですが、Udemyの講座はハンズオンが含まれていてかなりオススメです。

ただしUdemyの講座を買うときは必ずセール時にしましょう。

今後について

2020年中にソリューションアーキテクトとDevOpsのプロフェッショナルまで取得するって宣言したので、いずれまた取得に向けて動いていきたいと思います。

Udemyの模擬試験を1回受けてみた感じ今の知識では全く太刀打ち出来ず40%も正解出来なかったので、がっつり勉強する必要がありそうですね。

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Secured By miniOrange